ひざの治療実積が5,900症例を突破しました

2020.01.30

Uncategorized

ひざ関節症クリニックグループでは、PRP-FD注射と幹細胞治療を軸に、変形性膝関節症の治療に取り組んでおります。2019年12月時点において、PRP-FD注射が3,800症例以上、幹細胞治療は2,100症例以上となりましたことをご報告いたします。また、治療を受けてくださった患者さまには、併せて感謝申し上げます。
多くの症例から得た統計データ等は広く共有し、多くの患者さまが根拠に基づく医療を選択肢に加えられるよう、活用させていただきます。
※PRP-FD注射は2015年11月、幹細胞治療は2015年3月より提供スタート

 

PRP-FD注射とは

患者さまご自身の血液を原料に有効物質を作成し、ひざ関節に注射するという治療法です。
血液には傷の修復に働く物質が含まれているのですが、これを投与します。血液の治療だと、プロスポーツ選手がよく行っているPRP治療が知られていますが、当院のPRP-FD注射はそれを濃縮したものとお考えください。
投与することで、血流のほぼない関節内の治癒能力を一時的にぐんと高められるため、痛みの低減が得られるというメカニズムです。
ご報告しました治療実積においても、ヒアルロン酸注射で改善が見られない変形性膝関節症のケースでも、良好な結果が多く確認できております。

 

大宮院のPRP-FD注射のよくわかる解説

 

幹細胞治療とは

幹細胞としてiPS細胞が知られていますが、当院で用いるのは人工的に作成したものではなく、もともと体内に存在する幹細胞です。主に患者さまのお腹の脂肪を採取し、そこから取り出します。
幹細胞には関節内の炎症や痛みを抑える働きが確認されており、症例経験からは変形性膝関節症が進行したケースでもその効果が期待できます。
脂肪をたくさん採取すれば幹細胞もたくさん確保することができます。ただ、それではお身体へのご負担が大きくなってしまうため、当院ではごく少量の脂肪から得た幹細胞を専門施設で大量に増やす、培養幹細胞治療を採用しています。

 

大宮院の培養幹細胞治療のよくわかる解説