保険診療との違い

「診察する=治療する」ではありません

「診察する=治療する」ではありません

保険診療を行う整形外科では、そのまま治療に入ることを前提にした問診や診察が一般的です。しかし、大宮ひざ関節症クリニックはそれとは異なります。
もちろん、ご希望されれば当日の治療も可能です。ただ、まずはご相談に対して適した方法をご提案するということを目的としています。実際、アドバイスを持ち帰り検討される方や、セカンドオピニオンとして活用される方もいらっしゃいます。

初診で診ること、お話すること

痛み改善のためのコンサルテーション

痛み改善のためのコンサルテーション

まずは、痛みを感じる部分や不自由な動作、これまでの治療状況などをお伺いします。これまでに受けられたMRI検査の画像をお持ちの方は、ぜひご持参ください。お持ちでない場合も、ご安心を。検査から診断までをスムーズに行える「MRIひざ即日診断」のご利用が可能です。その他、関節の可動域や痛みの程度なども、実際にひざを動かしながら確認します。
こういった情報と臨床経験をもとに、あなたに適した治療法を医師がご提案。期待できる効果とリスクの両方を詳しくご説明します。

実症例やデータを検討材料として提供

ご提案させていただいた治療法の検討材料として、ホームページに掲載できていない様々な情報をご提示することも可能です。実際の症例やアンケート内容はもちろん、再生医療学会などでも研究発表を行っているので、ご希望があれば統計データもご覧いただけます。

こんな検討材料をご用意しています
  • 同じような症例
    実際に治療した症例についてお話します
  • アンケート内容
    治療された患者さまの声をご覧いただけます
  • 学会での発表内容
    痛みスコアなど発表データをご提示できます
  • 海外の医学論文
    治療法に関する論文データもご提示できます
  • 専門機関の研究結果
    新治療の実際の研究データもご紹介します

まずはお気軽にご相談ください

待ち時間なく十分な時間を設けます

待ち時間なく十分な時間を設けます

最初にお伝えしたように、初診の目的は適切な診断と痛みを改善する選択肢のご提案です。患者さまお一人おひとりにその時間を十分設けられるよう、完全予約制をとっております。患者さまの大切な時間を待ち時間に浪費することもありません。
まずはお気軽にご相談にお越しください。ご家族からのお申し込みももちろん可能です。

電話受付時間 9:00〜18:00
(年中無休/完全予約制)

0120-137-061