母が膝が痛いということで整形外科に数件行きましたが悪い所はないと言われました

80代の母についてです。
5年くらい前より、両膝の裏が張って(本人談、膝裏が張っていて、膝がかくかくいうと言っています)歩きづらく、最近になって、少し歩くと、足首も張れて歩けなくなります。
本人も年だからと言いますが、何とか直してあげたいと思っています。
整形外科にも数件通いましたが、膝には悪いところはなく、原因は不明のままです。
リュウマチも少しあり、内科で治療してますが、リュウマチからきているものでもなさそうです。
同様な症例等ありましたら、教えていただきたく、また、治療可能であれば、受診させたいと思っています。

変形性膝関節症の方はよく膝の裏が張るという表現をされます。
レントゲンのみではそれほどひどくなくても、MRIまで撮影すると半月板や骨までダメージがいっていることが判かることもしばしばです。
整形外科で膝は悪くないと言われていることが少し気になりますが、本当に悪くないというよりも「それほど悪くない」とか「年齢相応」という意味かもしれません。
そうであれば、やはり変形性膝関節症による膝痛の可能性がございます。
早めにMRIを含めて、状態の確認と、それに対する加療が必要です。

関連キーワード

直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。

ドクターメール相談

キーワード検索

カテゴリー別

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。