階段の上り下りはできるのですが椅子に座ると膝が痛く辛いです

1年前に腰部固定術の手術を受けました。それと関係あるのかどうなるかわかりませんが、その後、3ヶ月たったこらから、椅子に座ると膝が痛くなり長く座れなくなってしまいました。近所の整形外科へ何軒か行きましたが、変形性膝関節症と診断されました。歩いたり階段の昇り降りは問題ないのです。椅子に座ると膝が痛くなり、椅子にも寄るのですが食事の間だけ何とか座っている辛い状態です。
膝変形性膝関節症でこんなになるのでしょうか?辛いです。

階段の上り下りは痛くないようですが、椅子からの立ち上がりの際はいかがでしょうか?。通常変形性膝関節症では、安静時よりも動き出した瞬間に痛みが顕著なケースが多いです。再度お近くの病院で変形性膝関節症だけなのか診断を受けたほうが良いと思います。そのためにはMRIも受けた方が良いと考えます。
当院は膝の再生医療を専門に行っているクリニックです。
MRI撮影までされて、変形性膝関節症との診断で、かつ手術のご希望がないのでしたら一度ご来院をご検討いただければ幸いでございます。

関連キーワード

直接ドクターがお答えしますので、
お気軽にご相談ください。

ドクターメール相談

キーワード検索

カテゴリー別

多岐にわたって経験と知識を有する専門医・指導医が在籍しています

ひざ関節症クリニックの医師は、全員、日本整形外科学会認定の専門医です。加えて複数の医師が、さらに専門性を極めた分野に従事。新宿院院長の横田直正医師は、日本リウマチ学会認定専門医でもあり、関節炎に深く精通。日本医師会認定産業医の資格も保有しています。医学博士も取得している大宮院院長の大鶴任彦医師は、股関節も専門としており、日本股関節学会学術評議員のひとりです。厚生労働省認定の臨床研修指導医、身体障害者福祉法指定医の資格も取得しています。
また、整形外科分野に限らず、日本再生医療学会にも所属し、さらに専門性を極めた医師も在籍。こういった医師たちの知識と経験に基づき、当サイトでの情報提供を行っております。